見附島商店会の公式ホームページへようこそ。石川県奥能登珠洲市最先端にある商店会の紹介webです

宝立町鵜島曵山祭り  9月15日・16日

宝立町鵜島 曵山まつり 9月15日・16日

宝立町鵜島の曳山まつりです。下記は珠洲たのwebを参考に抜粋しました。

毎年9月15日と16日の両日,行われている鵜島地区の祭礼についてご紹介します。鵜島地区は,観光地である恋路海岸と見附海岸に挟まれた約2.5キロの国道249号線沿いの地区です。5つの神社にちなんだ5つの山車を,それぞれ揃いの法被を着た若い衆たちが勇壮に引っ張ります。山車の上には,人形や館を飾り,上を大きな岩山と呼ばれる5枚の布で覆います。
鵜島の祭で特徴的なものに「キャラゲ」があります。小学校の男子が化粧をし,着物を着て,曳山の前に乗り,曳山の誘導をします。さらに,山車の曳き初めや終わり,戻りや各神社の前などで「曳山唄」を歌います。たとえば山車の引き出しの時には次のような歌詞を歌います。
アーヤー 若い衆や
過ちするなよ けがするな
人はめんどと 云うばかり
若い衆 若い衆
みなそろたかや
まだもそろたか 四綱までも
怪我のないよに そろそろと 1956年のデカ曳山
昔のデカ山
そして15日の夜には,この「キャラゲ」が若い衆におんぶされて,自分たちの地区の家を一軒一軒まわり,各家の人やお祭りに来ているお客さんに「唄」を聞かせ,「花代」をいただきます。以前は,16日にも他の4地区を一軒一軒まわったのですが,残念ながら最近は16日には曳山を自分の地区の神社に戻すだけになりつつあります。

PAGETOP
Copyright © 見附島商店会 All Rights Reserved.