見附島商店会の公式ホームページへようこそ。石川県奥能登珠洲市最先端にある商店会の紹介webです

宝立七夕キリコまつり 毎年8月7日

宝立七夕キリコまつり 毎年8月7日

topimg

■奥能登最大級のキリコ祭り
珠洲では、8月7日「月遅れの七夕」に盛大にキリコが担ぎ出されます。
なかでも見附海岸を舞台に繰り広げられるこの祭りは最大級!約100人の若衆で巨大キリコを担ぎ歩く巨大キリコが、6基が沖合いに設置された松明を目指して海上乱舞する様はここでしか見られません!
七夕は七日盆の日でもあり、祖霊迎えの意味もあったと伝えられています。

■祭りの流れ
鵜飼川河口の特設舞台で祭礼協賛行事が執行された後、18時30分頃、約100名の若衆に担がれた14m前後の大キリコ6基と6m前後のキリコ2基が動き出し、22時30分頃には見附海岸に勢揃いします。
その後、8基のキリコが揃うと全てのキリコが明かりを消し、あたりは一時静寂の闇に包まれ、1基ずつ明りをつけながら、各キリコの字と絵、本年度の世話役を紹介・説明の後、打ち上げ花火の合図に合わせて沖合20~30mに設けられた柱松明を目指して、すべてのキリコがいっせいに海に担ぎ入り、松明の周りを巡りあばれます。
大キリコの灯が海に揺らめき、鉦(かね)・太鼓・囃(はやし)が距離以上に遠くから聞こえてくる様子は、勇壮さの中に幻想の一時を作り出し、浜を埋め尽くした観客の間から溜め息が漏れるほどです。

イベント詳細

2013sajiki

開催日 8月7日(毎年同日) 時間 18時30分頃~23時30分頃
場所 見附海岸 22時30分頃海上乱舞
スケジュール参考(若干の変更有)
15:00~開会式 鵜飼駅前広場にて 音楽パレードの開催 駅前→春日野→見付海岸
16:00~キリコ広場ステージにて
    ・ちびっ子キリコ太鼓 ・よさこい踊り
    ・宝立キリコ太鼓 ・宝立こまち踊り
16:30~ドリルショー
18:30~七夕まつり 大きりこ運行
19:00 キリコ集合
22:00~大きりこ海中乱舞 花火打ち上げ
観覧について 桟敷席(さじきせき)あり

まつりーと登録用 (5)

『桟敷席』とは、古代祭祀において神招(お)ぎの場とされた「さずき」が、祭りの見物のために仮説され見物席の称として用いられたと言われています。当地での桟敷席は「4人席」をご用意しております。
一般の場所では見られない桟敷席ならではの大迫力のキリコと海上花火をお楽しみ下さい。
(大変好評をいただいておりますので、お早めにご予約をお願い致します。)

桟敷席のご予約・お問い合わせ
見附島商店会【担当:橋元(橋元酒店)】 TEL : 0768-84-1211

■祭りの歴史

この地区で、神輿にキリコが供奉するようになったのは約200年前と伝えられています。
七夕は、七日盆の日でもあり、祖霊迎えの意味もあったものと考えられ、後の珠洲郡誌に「鵜飼鵜島には、荘下等一種の娯楽として大切籠を出す」とあるように、本祭りに対して七夕をキリコ祭りそのものと考え、盛大なものに育て上げてきたものであろうと伝えられています。
明治初年頃は鵜飼上・下2本の大キリコであったが、後、近在のキリコも加わるようになり、電線敷設による小型化の波を経て、昭和45年頃から再び大型化が行われるようになりました。

キリコの紹介

キリコ紹介 写真クリックで拡大

PAGETOP
Copyright © 見附島商店会 All Rights Reserved.